離乳食を開始するにあたり買って良かったオススメのものをご紹介します。



5/30(土)19:00〜楽天スーパーSALE!!


まずは、離乳食の本!
書店でいろいろ見て買ったのが以下の2冊です。

「初めての離乳食」

 
→こちらは、基本が全て詰まった1冊。
レシピから、あげて良い食材、進め方など、最初にざっと離乳食について学ぶのによかったのと、困ったことがあった時に開く1冊です。
一番これは!と思った内容は、各時期の離乳食の進め方のページで、赤ちゃんが食べる時の口元の様子が写真付きで紹介されているページでした。また舌の動きや離乳食と授乳のタイムスケジュールなども載っていて、参考になりました。




「いちばんやさしい きほんの離乳食フリージング」

→これは、息子が抱っこしていないと泣くタイプなので、早々に丁寧路線の離乳食作りは諦めて、休日の夫がいるときにまとめて作ってフリージングするために買いました。
この本の良いところは、フリージングした食材を使うどのように消化していくかがわかるように、開始1週目から1ヶ月までの毎日のレシピが離乳食の時期毎に載っているところです。離乳食開始からずっとこの本を見て作っていけば、毎日のレシピに迷わないな〜と思って買いました。
実際は、本どおりには離乳食が進まなかったので毎日本と同じようには進められませんでしたが。



次にこれらの本を見ながら料理するためにブックスタンドを買いました。
これが意外といい!!
使わないときは、折りたたんで本のようになります。開くと前にページを押さえるためのバーが左右に1本ずつあります。
これで、週末まとめて作るときも、便利でしたし、平日にフリージングしたものを使って調理するときにも両手を使わずにページを見れるのでよかったです。
離乳食に限らず、お菓子作りや普通に料理するときにも使っています。






次に調理に使う道具ですが、ピジョンの調理セットが非常に役立ちました。

する、こす、しぼる、すりつぶすがこのセットでできる上に、冷凍保存用の蓋がついているのと、電子レンジOKな素材とパーフェクトです。
最初は、それぞれ100均で買ってもいいし、持っていないものだけ揃えればいいと思っていたのですが、普通に買うと大きさが大きかったり、収納もバラバラになってしまうので、一つにまとめられるこれを買ってよかったです。


次に、大人用とまな板を分けたほうがよいと聞いたので、こちらを。
折れ曲がるので、切った食材を鍋に入れる時など便利です。サイズも小さめで離乳食にぴったり。



またフリージング用の冷凍保存容器は、チュチュベビーの小分けパックとリッチェルのわけわけフリージングを併用しました。それぞれ1ブロックや1パックが大さじ1の分量など、フリージングした食材が使いやすい分量になるようサイズが設計されています。
たくさん作るお粥や出汁などは、わけわけフリージングに(蓋つきで、1袋に2つのトレーが入っています。)
野菜のすり潰しなどの少量の場合は、わけわけフリージングだと何も入れないブロックがたくさんできてしまうので、小分けパックの方を使っています。











また、離乳食作りで使った濾し器などを洗うのに、スポンジだと目の詰まりが取れにくいので、こちらも買いました。
この透明な部分に洗剤を入れて、上のボタンを押すとブラシの真ん中から洗濯が出てきます。




そして定番ですが、やはりベビービョルンのソフトスタイ。どうしてもベタベタにこぼれてしまうので、布製のスタイよりしみなくてよいです。
また2回食、3回食に進んだときに、これなら洗ってすぐ乾くので毎回使えます。
洗濯物も増えないので、買ってよかったです。

 



便利だった食材などは、次に続きます。