ブログネタ
子育て に参加中!
前に書いたとおり、入院中に赤ちゃんの体重が基準よりちょっぴり多めに減ったことで、助産師さんから目をつけられていたおかげで、退院する頃には順調に体重が増えてきたものの、退院後もきちんと増えているのか、それはそれは不安でした。

家に赤ちゃん用のスケールは用意していなかったし、かといってレンタルして体重を毎日はかるのもノイローゼになりそうで辛いし。。。

1ヶ月検診までの間は息子もよく泣き叫び、こちらも何が原因かわからなくて、母乳が足りているのか不安でした。

でも出ていたんです。
出ている感覚があるし、摘んでみてもピューと出るし、たまに飲み過ぎて吐いたりしてるし。
1度用事で外出するのに搾乳してみたら、入院中よりとれたし。

  
ハーモニー派です。
搾乳機に直でつけられる母乳バッグがあるとは!


それでも、授乳直後に泣いたりすると、夫からは、
「おっぱい、足りてないんじゃない?」なんて言われてとても辛かったです。

それをどうやって乗り越えたかというと、ひたすら赤ちゃんを観察。それから、育児ノートをつけていたので、その情報から原因を考えたりしていました。


育児ノートをつけると生活リズムが見えてくるのでオススメです。     


大抵は、こんなことが原因でした。
・あついorさむい
・眠い
・げっぷしたい
・うんちしたい
・乳首をしゃぶっていたい
・眠い

話を戻して、それでなんとか1ヶ月を過ごしていざ、1ヶ月検診。
きちんと体重が増えてました。
先生の言葉で、
「体重もしっかり増えていて、ちゃんと育ってますよ〜。お母さんがんばってますね。」に涙目。

ほっとしました。
でも私もがんばったけど、息子はもっとがんばったのかなと思いました。
この世に生まれて、あまり目が見えないなか、必死におっぱいを飲んで、1ヶ月で体重が1.5倍にもなる大きな成長をしてくれて。

そこからはあまり体重のことは気にせず、飲みたいときに飲ませて、まったり育児をしよう!と決めて、気が楽になりました。